Q & A

オンラインホロスコープリーディングセッションについて

よくあるご質問Q&A

Q:ビデオ画像をOnにしてもいいですか?

A:オンラインホロスコープセッションは

お問い合わせにご利用いただいている

LINE公式のトークルームを利用して

音声通話にて行います。

LINE公式の通話サービスからお送りする

通話リクエストの中の

詳細を操作していただけば

ビデオ通話にすることも

機能としては可能のようです。

しかしセッション担当の儀間 巴瑠那は

音声と周囲の景色と画面上の画像には

​3つのズレが生じてうまくつながれず

目まいをおこしてしまうのですが

音声のみの場合はかえって集中できるため

音声通話のみでお願いしております。

Q:あらかじめ質問内容をまとめて

送っておうたほうがいいですか?

また、時期的な質問は可能ですか?

A:セッション当日に

ホロスコープの内容に関して

ご質問したいことであれば

あらかじめご質問内容をまとめて

送っていただく必要はありません。

「時期的な」が具体的に何をさすのか

にもよりますが

そのことの時期について

氣になっている根本の問題がある場合は

お話してくださった内容を

基本の出生図(ネイタルチャート)と

一緒に結びつなげていく作業の中で

具体的な行動のヒントとなるものが

見えてくることがほとんどですので

​その意味では可能です。

しかしそれは棚に上げて例えば

「何年何月何日にどこで出会った人物と

いつ結婚するのかの回答のみが

ききたい」という

外側の現象についてのみ

これが正解であるという

「鑑定」をご希望されている場合は

​ご期待にそえません。

基本のネイタルチャートから

見えてきたヒントを実践された結果

新たに見えてきた課題に直面している

あるいは

いくつかの選択肢で迷っているから

星からヒントを読み解き

参考にしたい

などであれば

アフターフォローとして

現行の天体を組み合わせて読み解く

2重円や

今年はどんなテーマがあるのか?

などを読むソーラーリターン図の

​リーディングを行なっております。

Q:オンライン

ホロスコープリーディング

セッション内容対面と同じで

資料「攻略本」もつきますか?

A:はじめての場合のオンライン

ホロスコープリーディングセッションでは

ネイタルチャートという

生まれた時の基本となる

天体配置図の星読みをもとに

お話をうかがいながら

ご希望にそった方向へ

結びつなげるものとなります。

対面でのホロスコープ

リーディングセッションは

攻略本などの資料作成も含めた

料金設定となっているため

オンラインの

ホロスコープリーディングセッションに

攻略本はつきません。

作成したホロスコープにつきましては

視覚情報として共有し

セッション中のメモ書きなどに

ご利用いただいております。

Be yourself 

のリーディングスタイルについて

 

こちらをご覧いただいているということは

ホロスコープリーディングを

儀間 巴瑠那に依頼しようかどうか

ご検討されていることと思います。

ありがとうございます(^^)

ひとくちに「星読み」と言っても

星読み士それぞれのスタイルや

得意分野などが違うので

ご依頼されるほうも

はたしてこの星読み士は

自分の希望にそった内容で

ホロスコープを読んでくれるのか

少ない材料で

判断が難しいところではないでしょうか。​

--------

わたしは、ホロスコープと出会った瞬間

そのせいで、というかそのおかげで

心理セラピー&コーチングを扱う

セラピストを養成するための講師

となるスクールに通いはじめ

心理の学びと星の学びを結びつけて

身につけるプロセスをたどったこともあり

ホロスコープに関しては「お調べ代行」

のような感覚を持っています。

というのは

カウンセリングからおうかがいした内容を

天体配置と結びつなげていく過程で

わたしが言う事が正解ではなく

ご自身の中から、ご自身の選択によって

なんとなくモヤっとしていたことに対して

具体的な行動のヒントを得たり

あるいは

ご本人がお話してくださる内容は

ほとんどの場合、びっくりするくらい

ご本人さまのホロスコープに

記されていることと

一致することばかりで

これはわたしも

未だに不思議でならないのですが

大なる宇宙と小なる個人とが

一致している不思議を実感されると

今、自分がなんとなく考えていることは

確かに自分自身のことだと感じることで

なんだ!わたし知っていた!

と思い出したかのように

これで進んでいこう!と

決心のきっかけとされることも

多いようなのです。

 

つまりわたしのスタイルは、例えば

「これをしたらダメ!」

「いついつ出会う人と結婚しなさい!」

「今の職場はすぐやめなさい!」

などビシッと

自分の人生の「正解」を

占い師に決めてもらいたい場合には

まったくご希望に

そえないものだと思います。

そもそも星読みには

間違いはあっても

正解は星の数ほどある

と個人的には考えています。

その星の数ほどある中から

「自分はやっぱり知っていた」

と自信を持って選択していただくことが

わたしのやりたいことですので

天体配置図を

ご本人の代行で読み解いている感覚は

今のところ氣に入っています。

昔のテレビ番組で『なんでも鑑定団』

なるものがあったのをご存知ですか?

家に眠っている骨董品などが

お宝ではないか!?と

その道の専門家が

価格を鑑定する番組です。

わたしとしては『鑑定』と言うと

その道のプロが「価値」を見定める

というイメージがどうしてもあって

わたしのやりたいこととは

まったく違うことを連想してしまったので

ホロスコープリーディングを利用して

ご本人の中に答えを見出してもらいたい

という希望をこめて

セッション

と呼ばせていただいております。

ホロスコープリーディング担当

​儀間 巴瑠那より

​お問い合わせ先

上記LINE公式 あるいは

お問い合わせフォーム

よりご連絡ください。